生産管理システムのブラックボックス化が企業にもたらす影響

製造業の経営

生産管理システムのブラックボックス化が企業にもたらす影響

生産管理システムは日本の製造業が成長していくために欠かせないシステムです。しかし、古いシステムを使用し続けることで、ブラックボックス化することやそれに伴う影響を把握していない方も少なくないでしょう。実際、企業の生産管理システムがブラックボックス化した場合、トラブルの原因や業績の悪化につながります。

そこで、今回は生産管理システムのブラックボックス化について触れたうえで、ブラックボックス化が企業にもたらす影響について詳しくみていきましょう。

ブラックボックス化とは

導入したシステムを長期的に使用することで、運用が属人化していきます。そのため、システムについて詳しい担当者などの異動や退職で、システムの管理方法やカスタマイズの経緯などが不明になります。そのため、一気にシステムの内部構造が把握できない状態となることがブラックボックス化です。

ブラックボックス化が進行した原因としては、経営層が基幹システムに関して、「効果が出ない」「システムの構築に費用がかかる」という印象が強かったことが挙げられます。また、厳しい経済環境でもあったため、基幹システムは、再構築ではなく、最低限の延命措置を取ってきました。

2000年問題に対応してから基幹システムがそのままという企業は少なくありません。ブラックボックス化が進行していくのを黙って見過ごしてしまえば、システム変更やトラブルの発生時に多くの時間とコストを費やすことになります。

生産管理システムがブラックボックス化した場合の影響

生産管理システムがブラックボックス化したとしても、常に問題が発生するわけではありません。しかし、一度トラブルが発生してしまった場合、以下のようなさまざまな影響が出ることになります。

  • システムの復旧ができず、発注が止まり顧客に迷惑をかける
  • 新たに導入した機器との相性が悪く、想定したように活用できない
  • 基幹システムの信頼性がなく、生産現場における自動化が進められない
  • システムの維持や保守を行う人材の確保に大幅なコストが必要
  • トラブル発生時に、対応方法などが分からず、現場が混乱した
  • システムの運用やトラブルで、業務改革などを進行出来ない

上記のような影響が出てしまう生産管理システムのブラックボックス化は、製品の生産性だけでなく、業務の自動化や効率化など幅広く悪影響を及ぼします。そのため、企業のシステムは定期的にアップデートする必要があるといえるでしょう。仮に、ブラックボックス化したシステムの復旧に成功したとしても、同じような問題がいずれは発生するためです。さらにいえば、社会的信用を無くす問題が発生する可能性もゼロではありません。

ブラックボックス化と関連があるDXレポートと「2025年の崖」問題

生産管理システムのブラックボックス化が進行した場合、2018年に経済産業省が発表したDXレポートで取り上げられた問題の影響を大きく受けることになります。

DXレポートとは

経済産業省が発表したDXレポートには、DXへの取り組みの重要性とともに、現在の基幹システムを継続し使用することで、発生する問題やこれから予期される経済損失に関して言及されています。

ちなみにビジネス的な側面からみたDXは、簡単にいうと「デジタル技術の活用で、ビジネスモデルを変革し、新たなデジタル時代が来ても勝ち残れるように自社の競争力を高めること」という意味合いで用いられています。

このレポートは、基幹システムの刷新を国が企業に求めていることが特徴です。

「2025年の崖」問題とは

DXレポートで指摘された「2025年の崖」とは、既存の基幹システムがブラックボックス化・複雑化・老朽化することで、2025年に顕在化すると予想される問題です。以下のような問題が挙げられています。

  • 増大するデータを活用しきれないため、DXが実現せず、デジタル競争に敗北する恐れがある
  • ITエンジニアが不足し、企業などは多くの技術的負債を抱えることになり、運用や維持が困難となる
  • 大手基幹システムなどのサポート終了に伴って、サイバーセキュリティや事故などによるシステムトラブルやデータ流出などのリスクが高まる。

「2025年の崖」問題は製造業だけでなく、基幹システムを運用している企業全てに関連するといえるでしょう。実際に、日本における DX の活用はそれほど進んでいるとはいえません。国際的な競争力という意味では、既に優れてるとは言い難い状況になってしまっているのが現状です。

あくまでも2025年の崖は、最悪の予想の1つであるものの、日本の企業の状況だけを俯瞰してみると起こらないともいえないほどブラックボックス化している企業は多いといえます。

問題解決には生産管理システムの刷新が必要

製造業が直面している課題は、企業体として深刻なものがほとんどです。例えば、人手不足が進行することによって、通常の業務ができなくなるだけでなく、新しいシステムを導入する体力もなくなってしまいます。

そして、新しいシステムを導入する体力がなくなるということは、企業体として成り立たなくなるため、技術が失われていくことにつながります。仮に、企業が使っている生産管理システムがブラックボックス化している場合、既に企業体としてまずい状態にあるといっても過言ではありません。

加えていえば、 AI や IoT の導入は先進国の中でも日本は遅れています。日本の企業の99%は中小企業であるものの、率先して設備投資を行う企業はあまり多くはありません。この理由としては、自社の業務の課題と改善点を見極められていない企業が多く、工場全体をオートメーション化するような設備投資を行ったとしても上手く活用できないためです。

しかし、製造業における課題をクリアするためには、生産管理システムを刷新し自社の業務を効率化していく必要があります。

この場合、いきなり全てのシステムを新しくするのではなく、最小の単位から変化を加えていくことによって徐々に、システムに慣れていくことが大切です。

例えば、クラウド型の生産管理システムの場合、1台の PC から定型業務の自動化や工程の見える化、在庫の管理などが可能となります。工程の見える化に関しては IoT などと連携することも可能であるため、選択肢の幅がより広くなるでしょう。現状で、ブラックボックス化している生産管理業務がある場合、会社として生き残るためにも対応が必要だといえます。

まとめ

生産管理システムのブラックボックス化は、企業にとって大きなマイナスとなる可能性があります。実際に、工場を建てた当初は最新だったとしても、現在では全くニーズに沿わないものになっているものも少なくありません。

そういった場合は、システムそのものを刷新しなければ状況は改善しないといえるでしょう。自社の課題を明確にする必要はあるものの、時間がないからといって後回しにするほど、企業とする体力はなくなっていくとも言えます。

そのため、現状でブラックボックス化している生産管理システムを使用している場合は、早急に対応することを検討しましょう。

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、生産管理システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

また、トライアルキャンペーンも実施していますので、生産管理システムの導入を検討してみたいとお考えの方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

グローバルに生産管理を行う際の注意点や課題グローバルに生産管理を行う際の注意点や課題前のページ

レガシーシステムが抱える問題点とは?刷新すべき理由や方法を徹底解説次のページレガシーシステムが抱える問題点とは?刷新すべき理由や方法を徹底解説

関連記事

  1. 生産管理システム・ERP・MESどれがいいの?徹底解説

    在庫管理

    生産管理システム・ERP・MESどれがいいの?徹底解説

    製造業は、変革を迫られているといっても過言ではない状況にあります。政府…

  2. 生産管理業務が属人化する原因と予防するための方法を解説

    製造業の経営

    生産管理業務が属人化する原因と予防するための方法を解説

    生産管理は、工場内の製品作りに対する管理業務です。コストの把握だけでな…

  3. 生産管理システム導入に失敗する理由やリスクと成功させるためのポイント

    在庫管理

    生産管理システム導入に失敗する理由やリスクと成功させるためのポイント

    生産管理システムによって、製品の生産業務の効率化に成功している企業が増…

  4. 製造業の業務改善に必要?生産管理システムによる3つの改善事例とは

    製造業の経営

    製造業の業務改善に必要?生産管理システムによる3つの改善事例とは

    製造業が抱える問題は人材不足や設備投資だけでなく、業務そのものにもあり…

  5. 生産管理システムはどこまでできる

    原価管理

    生産管理システムはどこまでできる?事例とともに解説

    生産管理システムは、生産工程を効率化するためのものです。では、生産管理…

  6. グローバルに生産管理を行う際の注意点や課題

    在庫管理

    グローバルに生産管理を行う際の注意点や課題

    日本国内の企業が海外進出を果たすケースも少なくありません。しかし、海外…

カテゴリーから探す

PAGE TOP