原価管理

原価管理システムはクラウド型とオンプレミス型どちらが優れている?徹底解説

製造業において、原価管理システムを導入することで得られるメリットは多くあります。しかし、クラウド型とオンプレミス型に分かれているため、どちらを使用すればいいのか迷ってしまう方もいるでしょう。

そこで、今回は原価管理システムを導入する際に、クラウド型とオンプレミス型どちらを投入すればいいについて詳しくみていきましょう。

クラウド型の原価管理システムとは

クラウド型の原価管理システムは、サービス提供事業者がサーバーに接続する許可を行ったうえで、利用者である製造業社が自由にそのシステムを使えるというものです。

ネットワーク上にあるため、ログイン画面やパスワードさえ分かれば場合によっては携帯端末や自宅からでもアクセスが可能です。

例えば、出張先で取引相手に自社の管理データの数字を伝えるためにシステムにアクセスするといった使い方が可能です。加えて、サーバーやサービスに対するセキュリティはサービス提供事業者が担保しています。

また、サービスの形として、全ての機能を使用するパターンと一部の機能を使用するパターンに分けることが可能である点もクラウド型の特徴だといえます。レアケースではあるものの、決まった予算の中で原価管理システムを使用したい場合なども、クラウド型であれば、決まった項目や予算内で運用が可能です。

クラウド型のメリット

ここではクラウド型の生産管理システムメリットについてみていきましょう。大きく分けて以下の3つのメリットがあります。

  1. 初期費用がほぼ必要ない
  2. 運用ルールに合わせた利用ができる
  3. 専門の人材が必要ない

クラウド型であれば、初期費用が発生せず月額料金のみで利用できるパターンが多いといえるでしょう。また、利用人数に関してもサービスごとに決まっているため、コストの計算がしやすい点もメリットの1つです。

また、自社で運用するわけではないため、サーバー代やシステム更新に掛かるリソースを確保する必要がありません。難しいシステムなどであれば、専門の人材が必要となる可能性もあるもののクラウド型の生産管理システムであれば、人材に対するコストも低く抑えることが可能です。

加えて、自動的なソフトウェアやサービスのアップデートが期待できるため、サービスに対するセキュリティもある程度期待できるといえるでしょう。セキュリティに関しては、問題が起きた場合の対策やルールなどもある程度決定しておくことで、被害を最小限に抑えることが可能です。

特に、費用を抑えながら原価管理を自動化したい場合や従業員に負荷をかけずに生産性を上げたいといった経営的な課題を持つ製造業者に向いているといえるでしょう。

クラウド型のデメリット

クラウド型の生成管理システムのデメリットは大きく分けて2つです。

1つ目は、サービスが決まった形であるため、自社の元々のシステムと連携が取れない場合があります。製造業においては、決まった形式やデータが記録されるパターンも少なくありません。

AIなどを利用する場合でも、生産工程に合った内容でなければ効率化できないことも想定されます。そのため、導入前に自社の現在のシステムに対してどのような影響があるのか、そもそもデータを連携できるのかを把握しなければなりません。

2つ目は、サービスに対する情報漏えいは自社では対応できない点があります。例えば、サービス提供事業者のサーバーに対して大々的なハッキングが行われる可能性はゼロではありません。そうした場合に、サービス提供事業者が対応できなければ、場合によっては商品の生産ができないといった状態になる可能性もあります。

これに関しては、万が一そうなった場合にどのような対処をサービス提供事業者が行うのか、企業内でどのような対策がとできるのかを話し合っておきましょう。

オンプレミス型の原価管理システムとは

オンプレミス型は、サーバーや導入に必要な全てのソフトウェアや機器をサービス利用者が用意して運用するというものです。そのため、初期費用が高く、月額に関しても請求されるパターンも少なくありません。

加えて、機器のカスタマイズや設定なども工場内で行っていくため、災害が起きた場合の対策なども自社でルールを決めておく必要があります。設置する前に長い期間が必要となるケースもあるものの、自社のシステムに合わせてカスタマイズできる点が特徴といえます。

また、社内のネットワークを利用するため、外部の影響を受けにくい点もオンプレミス型の特徴です。セキュリティに関しては、製造業者が定期的にアップデートや更新を行う必要があるものの、自社である程度コントロールできる点はクラウド型と大きく異なるといえるでしょう。

オンプレミス型のメリット

ここではオンプレミス型のメリットについてみていきましょう。オンプレミス型のメリットは以下の2つです。

  1. 自社でカスタマイズできる
  2. インターネットに繋がなくても利用できる

オンプレミス型の最大のメリットは、サービスやソフトウェアの提供事業者と話合いながら導入を進めることが可能な点です。加えて、自社で元々使用していたシステムがあった場合には連携を取りやすく、計画の段階で現状のシステムとの親和性をある程度把握できる点はメリットだといえるでしょう。

また、クラウド型であればサービス利用中のセキュリティの強さはサービス提供事業者に依存するものの、オンプレミス型では自社のセキリティをそのまま反映できるため、強固なセキュリティを担保できていた場合には、大きな問題に発展しにくいといえるでしょう。

しかし、セキュリティなどに関しては定期的なアップデートや対策が必要となるため専門の人材が必要となるケースも少なくありません。

オンプレミス型のデメリット

ここではオンプレミス型のデメリットについてみていきましょう。最大のデメリットは、導入のハードルがコストや時間的に高いことが挙げられます。

例えば、生産管理システムによってあらゆる工程を自動化することも可能です。しかし、自動化させるためにはAIなどによって生産管理システムに自社の工程を学習させ、精度をあげていく必要があります。そのため、自社のリソースを割かなければ、単純に導入したとしても生産性をあげることは難しといえるでしょう。

場合によっては、機械設備の担当者がサービス提供事業者と話合いながらデータ収集や会議を繰り返すといった手間が発生することも想定されます。

クラウドとオンプレミス型どちらを選ぶか

クラウド型とオンプレミス型を比較する場合は、コストに目がいきがちであるものの、どのような課題をとのように解決できるのかを意識しましょう。例えば、原価管理の計算を自動化したいだけであればクラウド型でも問題はありません。しかし、AIを利用したうえで生産のあらゆるサポートに生産管理システムを使用したい場合などであれば、オンプレミス型の方が向いているといえます。

また、人為的なミスによって生産性が下がるのであれば、クラウド型とオンプレミス型どちらでも対応は可能です。そのため、どちらのメリットデメリットがある点を把握したうえで、自社の課題に対してどのような解決方法を選ぶことができるかといった点から導入するシステムを決定しましょう。

まとめ

生産管理システムにおけるクラウド型とオンプレミス型はよく比較される対象です。しかし、課題解決の方法やアプローチが大きく異なる点は、サービス利用者である製造業者が把握しておかなければなりません。

例えば、どうしてもこそが気になる場合はクラウド型のサービスから使用してみるといった選択肢もあります。逆に大規模な生産工程の変化をシステムによって起こしたい場合にはオンプレミス型のほうが向いているといえます。

メリットとデメリットを把握したうえで、生産管理システムの導入を検討しましょう。

 

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。また、トライアルキャンペーンも実施していますので、お気軽に問い合わせしてみてください。

生産管理システムと 進化しつつある製造業工場内の見える化を促進。生産管理システムと進化しつつある製造業前のページ

中小企業こそ生産管理システムが必要。そのメリットとは次のページ中小企業こそ 生産管理システムが必要。 そのメリットとは

関連記事

  1. 導入前に知っておきたい生産管理システムのメリット・デメリット

    原価管理

    導入前に知っておきたい生産管理システムのメリット・デメリット

    製造業では、コスト削減や市場の変化への対応が求められています。また、時…

  2. 製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    原価管理

    製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    製造業は、原材料から、より付加価値の高い品を製造し、利益を…

  3. 原価管理とは

    原価管理

    原価管理とは?製造業の原価の適切な管理方法を解説

    製造業における原価は、製品を作る際のコストを示すものです。しかし、原価…

  4. エクセルでもできる?製造業の原価計算標準化に乗り遅れないために必要なこと

    原価管理

    エクセルでもできる?製造業の原価計算標準化に乗り遅れないために必要なこと

    製造業にもグローバル化の波が押し寄せています。製造…

  5. 製造業における生産管理の課題と改善する際のポイントを徹底解説

    原価管理

    製造業における生産管理の課題と改善する際のポイントを徹底解説

    生産管理は商品の材料入荷や制作工程、出荷後の流れの把握など工場内でもタ…

  6. クラウド型販売管理システム徹底比較

    原価管理

    【2021年決定版】製造業の経営者必見!クラウド型販売管理システム徹底比較

    今、さまざまな業種においてクラウド型のシステムが注目されています。…

カテゴリーから探す

PAGE TOP