生産管理システム・ERP・MESどれがいいの?徹底解説

在庫管理

生産管理システム・ERP・MESどれがいいの?徹底解説

製造業は、変革を迫られているといっても過言ではない状況にあります。政府が提唱している第四次産業革命だけでなく、実際に事業が立ち行かなくなる課題が多くあるためです。

そして、そのような状況のなかでシステムを導入したいと考える方もいるでしょう。そこで、今回は生産管理システム・ERP・MESの違いや特徴について詳しく解説していきます。

各種システムが製造業に必要となる理由

製造業における不確実性は、近年では高まっています。コロナによる影響だけでなく、貿易摩擦や海外での生産比率の増加など、日本のこれまでの生産体制では品質管理さえも難しくなっているのが現状です。

例えば、日本とある国に工場を持つ企業があったとしましょう。関連会社とはいえ、その国のパーツを輸入できず、製品を加工することができない状態だとすれば、その企業はサプライチェーンの管理ができていないとえます。そのため、国を分けた製品作りを行っている場合では、人では管理しきれない状態にすでになっているといえるでしょう。

加えて、部門間の連携に関しても今までの連携では、生産性は決してたかいといえない企業は多く、新しいシステムを導入したうえで部門間の連携を高めている企業が結果を出している状態となっています。

ちなみに、政府データでは、これまで収集してきたデータを活用している企業も一部にとどまっているものの、人材不足を解消するためには、オートメーション化やシステムの導入が必要となります。

あらゆるシステムの導入が製造業に必要となる理由は、製造業が迎えている変化に対応し今後も生き延びるためだといえるでしょう。実際に、生産の向上や効率的な経営は、社会的な問題が発生した場合にも有効な対処方法です。

生産管理システム・ERP・MESの違いと特徴

生産管理システム・ ERP・MES の違いは大きくまとめると以下のようになります。

  1. 生産管理システムは計画から品質及び在庫の管理が可能なシステム
  2. ERP は会計や生産管理など基幹システム
  3. MES は製品の生産工程の管理が可能なシステム

では、それぞれの特徴を細かくみていきましょう。

生産管理システムの特徴

生産管理システムは、製品の生産に関するあらゆる情報を管理し、データを蓄積することで最適な生産活動を行えるようにサポートするシステムです。例えば、製品を作る前にあらゆる製造業では生産管理の視点から、市場のニーズを予測し、製品数をある程度予想しながら作成します。

また、生産工程の中で人材に対する負荷やコストの偏り、予想通りに生産できなかった場合の改善点の把握なども可能です。ちなみに、トラブルが起きた場合の納期を算出することも可能であるため、営業や経営層など実際に製品を作る従業員以外にもメリットがあります。

ERPの特徴

ERP は、製造業で採用されるシステムの中でもカバーできる業務範囲が広く、新しい基幹システムとして企業全体の情報を統合できる点にあります。特に、工場全体の管理を自動化したい、工場全体で掲げた目標を達成したい場合に、どのような点から改善していけばいいのかを特に把握しやすいものといえます。

どちらも生産性を向上させるという目的であれば、達成できる可能性があるといえるでしょう。生産管理システムの場合は、製品の生産におけるあらゆる無駄を無くすことが目的です。 ERP の場合は、企業における全ての業務の効率化を図るためのものです。そのため、 ERP の中には生産管理システムを含むものが多く、企業そのものの経営に対して大きな影響を与えることも少なくありません。

ちなみに、 ERP を導入するケースは、スマートファクトリーなど近代的な生産体制を築く場合に導入されることが多くなっています。システムの導入によって、生産体制が大きく変わる可能性があるものの、コストは比較的高い家に注意が必要だといえるでしょう。

MESの特徴

MES は、製造業における製造工程のサポートを行うものです。生産管理システムや ERP の導入によって、その機能をカバーできるものの、製造工程を効率化し、低コストで高品質な商品を作るために必要な機能もがあるといえます。

例えば、個人的なスキルに頼っていた製品生産をMESに切り替えることが可能です。現場の在庫、状況、実績データの収集など現場に合わせたシステムだといえます。生産管理システム・ERP・MESは、製造業における各業務を効率化するためのものです。リアルタイムでの状況把握、ノウハウの共有など目的に沿った導入を行うことが大切です。

製造業にシステムを導入するメリット

製造業におけるシステム導入のメリットは以下の3つです。

  • コスト削減
  • 工程の見える化
  • ノウハウ共有

製造業におけるノウハウの共有は、特に従業員のスキルに製品の生産体制を依存している場合に有効な手段です。 AI などによってオートメーション化するかは別として、今まで人のスキルに頼っていた作業をシステムの導入によって自動化することが可能です。

自動化するまでには、データの蓄積が必要であるため、長い時間が掛かるケースもあるものの、人材不足を解消したうえで人材に頼らない製品生産が可能となります。また、穴開けなどの作業を長時間行えば行うほど、人間の正確性は下がっていくことがわかっています。

集中力が消して長い時間を持たないことだけでなく、長時間労働を行えば行うほど肥料が蓄積していくためです。つまり、属人化しているようなスキルが必要な作業であっても、人間による単純作業は機械の自動化には勝てないことを意味します。加えていえば、システムを導入したことによって自動化ができたとしても、熟練のスキルはいたるところで必要となります。

機械ができる部分は機械に任せる、人間にしかできない作業は人間が行うことを徹底していくことで生産性を上げることができるでしょう。加えて、何をどのように加工し、どのような状態になるかを共有することも可能です。マニュアル作りなどを行う場合でも、熟練のスキルや経験が活かせるため、 AI を投入したとしても決して無駄になることはありません。

また、工程の見える化が進めば、全ての従業員が現在どのような状況になっているのかを把握することは可能です。生産管理業務を行ううえでも、どこに無駄なコストが掛かっているのか、どのようにしたら無駄なコストを削減できるか、従業員のリソースなども細かく把握することが可能です。

まとめ

生産管理システム・ERP・MES は、カバーできる業務の範囲が大きく異なるものの、現状の製造業における課題を解決するためのシステムだといえます。企業によってどのシステムを導入するのかは異なるものの、自社の課題を解決できるシステムを導入することが大切です。

また、企業体として大規模な生産体制の変更が必要なのか、一部の業務から効率化していきたいのかなど企業によって求める機能は大きく異なります。そのため、様々なシステムのメリットや特徴をふまえたうえで、システムを導入していくことがポイントだといえるでしょう。

生産管理の見える化のメリットと取り組む際のポイント生産管理の見える化のメリットと取り組む際のポイント前のページ

在庫管理に生産管理システムを活用するべき理由とは次のページ在庫管理に生産管理システムを活用するべき理由とは

関連記事

  1. クラウド型販売管理システム徹底比較

    原価管理

    【2021年決定版】製造業の経営者必見!クラウド型販売管理システム徹底比較

    今、さまざまな業種においてクラウド型のシステムが注目されています。…

  2. 在庫管理に生産管理システムを活用するべき理由とは

    原価管理

    在庫管理に生産管理システムを活用するべき理由とは

    製造業における在庫管理は、適切に行えば、製品の欠品を防止できるだけでな…

  3. 生産管理システムはどこまでできる

    原価管理

    生産管理システムはどこまでできる?事例とともに解説

    生産管理システムは、生産工程を効率化するためのものです。では、生産管理…

  4. 製造業における業務フローと生産管理システムの関連性を解説

    原価管理

    製造業における業務フローと生産管理システムの関連性を解説

    製造業における業務フローとは製造業の場合、工程ごとに業務フローがあ…

  5. エクセルでもできる?製造業の原価計算標準化に乗り遅れないために必要なこと

    原価管理

    エクセルでもできる?製造業の原価計算標準化に乗り遅れないために必要なこと

    製造業にもグローバル化の波が押し寄せています。製造…

  6. 中小企業こそ 生産管理システムが必要。 そのメリットとは

    在庫管理

    中小企業こそ生産管理システムが必要。そのメリットとは

    製造業における働き手は減少傾向にあります。そして、中小企業においては、…

カテゴリーから探す

PAGE TOP