製造業における原価管理が楽になる3つの方法

原価管理

製造業における原価管理が楽になる3つの方法

製造業におけるコスト管理は大切な要素です。人材や材料費だけでなく、将来的な経営に対しても影響を与えます。そのうえで、原価管理を十分に行えていないパターンも考えられるでしょう。

そこで、今回は原価管理が楽になる3つの方法について詳しくみていきます。原価管理に割く時間がない、データを活用できていない場合などは参考にしてみてください。

製造業における原価管理とは

製造業での原価管理は、1つの製品を作るための原価だけを見るものではありません。制作するために必要な原価と比較したうえで、具体的な対策を立てるための分析作業も含まれます。つまり、単純に原価と予想しているコストを比較した場合であっても改善策を考え実行していかなければ、原価管理ができていないということになるでしょう。

実際に、予想と作成された製品のコストをデータ上で比較するまでは多くの企業で実施しています。しかし、その差額を具体的に検討する、予想と実際の差をどのようにして無くすのかまで考えるリソースがないケースも少なくありません。

どのようなサービスや製品も開発するためのリソースとコストがあります。加えて、一度設定した価格なども世情をみながら書いてしていかなければ、経営危機に陥る可能性も否定できないでしょう。

製品の生産によってどの程度の利益を生み、競合他社などと対比していかなければ、市場競争に勝つことも次第にで帰宅なっていきます。そのため、製造業における原価管理は大切な要素だといえるでしょう。

原価管理が楽になる3つの方法

ここでは、次の3つの原価管理の方法についてみていきましょう。どの方法を選んでも原価管理を楽に行うことが可能です。

・原価管理システムの導入
・生産管理システムの導入
・ERPの導入

システムの導入に悩んでいる場合やそもそも原価管理だけでなく、大規模なシステムを採用したい場合など、自社の課題にあったものを選択しましょう。

原価管理システムの導入

原価管理システムは、設定した原価と実際の原価を自動的に算出・分析できるシステムです。例えば、予想した原価に対して、実際に制作した原価が著しい差がある場合、企業の利益が損なわれるリスクが高まります。

予想と実際の差額が大きければ大きいほど、コストの把握ができておらず、具体的な対策も立てられていないことが想定されます。しかし、原価管理システムを投入した場合は、自動的にコストを把握できるだけでなく、経営上のリスクも軽減可能です。

場合によっては今まで使用していたデータを収集したうえで、コスト削減や分析法行うことも可能です。データを管理してる部署が1ヶ所だけであれば、さほど問題ないものの、複数箇所に分かれている場合は全てのデータを合わせる必要がある点に注意が必要です。

生産管理システムの導入

生産管理システムは、上記で触れた原価管理だけでなく、販売や工程など工場全体に関わる工程を総合的に管理できるシステムだといえます。例えば、在庫の管理から製造計画を行う場合、過去のデータを算出したうえで経験や勘に頼る経営ではいずれ立ち行かなくなる可能性があります。

しかし、生産管理システムの場合は、過去のデータを自動的に分析し、どのぐらいの原価で現在生産ができるのか、生産までにどのぐらいの日数が必要なのかなど工程全体を見える化することも可能です。

また、生産工程をチェックする場合に、品質管理に関して従業委任高い負荷が掛かっているケースも想定されます。特に、スキルを継承できる後継者がおらず、他の部署の人員が代わりに他の部署の作業を行うといったケースも中小企業ではありがちです。

こういった場合でも工程管理によっては、進捗や品質をすぐにチェックすることが可能です。営業を行う場合でも、どのくらいで営業先に商品を出荷できるのか、現在の稼働状況はどのようなものなのかを遠隔地から把握できます。

生産性の向上が生産管理システムのメリットの1つどうなるものの、実際には製造業として頭を悩ませている課題をクリアできたことから生産性が上がっているといえます。そのため、生産管理システムを導入する場合は、どのような範囲で使用するのか目的を明確にしておく必要があるといえるでしょう。

ERPの導入

ERPは、生産活動だけでなく製造業における全ての業務の効率化を図るものです。生産管理システムと似ているものの、生産管理システムはあくまで生産管理を行うためのものであるため、 ERPほどカバーできる業務の範囲は広くないといえます。

選択する製品によって、何をどこまで実行できるのかは異なるものの、解決したい課題が工場全体に関わるものであれば ERP の使用が想定されるでしょう。

もっとも、カバーできる業務の範囲は大きく細かくなるほど、導入のコストは増大するため、コストと相談しつつ導入していく必要があります。例えば、販売管理や在庫管理などを行いたい場合、生産管理システムの導入だけでカバーできることもあるため、それぞれのシステムの要件をよく検討する必要があります。

ちなみに、原価管理と会計管理は全く意味合いが異なるため、どちらも任せてしまいたいといったニーズであれば、 ERP の中からシステム導入を検討しましょう。

システム導入の注意点

企業の生産活動に大きく関わるものであるため、システムを導入する場合は、経営陣や現場のリーダーとよく話し合いましょう。例えば、製造工程のあらゆるデータを見える化するためには、それなりのデータを提供しつつ、分析しなければなりません。

しかし、そういった状況であるのに対し、現場が全く協力的でなければ導入は成功しないでしょう。加えて、導入後にどのように業務が変化するのかを周知しておかなければなりません。

実際に、クラウド型であれば最小の範囲からマニュアル化しつつ拡大していくことが可能です。しかし、オンプレミス型であれば、導入するためのデータ抽出~導入した後のデータ活用の方法、データへのアクセス、操作方法に至るまで細かく把握しておかなければなりません。

また、システムの導入において、今までの働き方や業務内容か変わる人材も想定されるでしょう。その場合、システムを導入して何をどのように変化させたいのかを明確に説明しておく必要もあります。

加えて、徐々にシステムに任せられる範囲を広げていく方法もあるため、段階的にどうなっていくことが予想されるのかを現場だけでなくサービス提供事業者と話合いながら、予想していく必要があるといえるでしょう。

まとめ

原価管理を行う場合、原価管理システム・生産管理システム・ ERP の導入によって自動化することが可能です。それぞれのシステムによってカバーできる範囲が異なる点や解決できる課題が異なる点は把握しておきましょう。

また、どのシステムでもオンプレミス型とクラウド型に分かれるため、コストと相談しつつ、導入するシステムを検討することが大切です。

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、生産管理システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

鉄人くんの特徴・料金・評判 | プロキュア - 法人向けSaaS・ITサービスの比較・検索サイト

生産管理システムの導入を検討してみたいと思った方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

製造業における効果的なコスト削減方法を解説製造業における効果的なコスト削減方法を解説前のページ

導入前に知っておきたい生産管理システムのメリット・デメリット次のページ導入前に知っておきたい生産管理システムのメリット・デメリット

関連記事

  1. 導入前に知っておきたい生産管理システムのメリット・デメリット

    原価管理

    導入前に知っておきたい生産管理システムのメリット・デメリット

    製造業では、コスト削減や市場の変化への対応が求められています。また、時…

  2. クラウド型販売管理システム徹底比較

    原価管理

    【2021年決定版】製造業の経営者必見!クラウド型販売管理システム徹底比較

    今、さまざまな業種においてクラウド型のシステムが注目されています。…

  3. 原価管理とは

    原価管理

    原価管理とは?製造業の原価の適切な管理方法を解説

    製造業における原価は、製品を作る際のコストを示すものです。しかし、原価…

  4. 生産管理システム導入に失敗する理由やリスクと成功させるためのポイント

    在庫管理

    生産管理システム導入に失敗する理由やリスクと成功させるためのポイント

    生産管理システムによって、製品の生産業務の効率化に成功している企業が増…

  5. 生産管理システムはどこまでできる

    原価管理

    生産管理システムはどこまでできる?事例とともに解説

    生産管理システムは、生産工程を効率化するためのものです。では、生産管理…

  6. 【2021秋最新版】在庫管理におすすめのクラウド型システム4選!気になるポイントを徹底比較

カテゴリーから探す

PAGE TOP