製造業で生産管理システムを使用する意味とは

製造業の経営

製造業で生産管理システムを使用する意味とは

製造業における生産管理は、手動とシステムに分かれます。実際、人手不足や生産性の向上の観点から工場においては、オートメーション化も進んでいる状況です。労働者が減少していく中で、生産性を向上させるためには、根幹から変えていかなければ利益を確保することも難しくなっていく可能性すらあります。

そのうえで、生産管理システムを導入することで具体的にどのような課題を解決できるのでしょうか。今回は、製造業で生産管理システムを使用する意味についてみていきましょう。

生産管理システムとは

生産管理システムとは、製品の流通に関する工程をシステムによって管理することを指します。例えば、商品の生産と一言でいっても、材料の仕入れの前には、市場に対してどの程度流通させるのか、工場の生産性なども考慮した生産計画を行う必要があります。しかし、それぞれの工程を人が管理している場合には以下のような問題が発生します。

  • 出荷情報など経験則に頼りがち
  • 市場リサーチに割くリソースがない
  • 作業に関してリソースを割きすぎており、戦略設計ができていない

しかし、これまで手動でリソースを割きながら行ってきた作業も生産管理システムであれば自動化することが可能てす。例えば、生産管理システムにはAIが実装それているものもあります。そのため、今までのデータの売上や生産工程のデータがあれば、品質管理や売上予想を立てるのは難しくありません。加えて、使用すればするほど精度は高くなっていくという利点があります。

AIを使用しない場合でも、全部署のデータを管理・把握できるため、営業担当者と事務担当者のリソースを軽減できるといったメリットが生まれることも想定できるでしょう。

知っておきたい商品生産の流れ

製造業における商品の生産の流れは以下の通りです。

  1. 商品設計
  2. 原材料入荷
  3. 加工・製品作成
  4. 品質管理
  5. 出荷
  6. 出荷後の流れの把握

一見すると、生産管理は関係ないように思えるものの、実際は全ての工程に関係しています。とくに、コストや生産・出荷をスムーズに行ったうえで利益を確保したい場合には、生産管理システムが役立ちます。例えば、特定の人物に負担がかかりすぎている場合、問題と考えられる要因は以下のように数多くあるといいえるでしょう。

  • 生産したあとの利益計算を人に頼りすぎている
  • 誰か一人しか既存のシステムを把握していない
  • 兼任しているものが多く改善点を見つけられるほど業務に割いている時間がない

実際に自社でアンケートや労務調査を行っていてもこういった事態は起こり得ます。そして、上記の出荷の流れの根幹を担う人材が退職した場合、中小企業においては、製品生産ができないというケースに陥る確率もあります。つまり、生産の流れにおける根幹の部分を人手に頼りすぎている場合、退職などによって業務が成り立たないレベルの損失がいつ生まれてもおかしくはないといえるでしょう。

そうした事態に陥らないためにも生産管理システムを導入している工場が増加傾向にあります。とくに計算などに人為的なミスが多い場合には、生産管理システムの導入によって、計算をシステムに任せ、人の手が入らない作業にしてしまえば課題はクリアされます。

生産管理システムができること

生産管理システムがカバーできる作業の範囲は広いといえます。例えば、以下のような内容であれば、生産管理システムの導入によって解決するでしょう。

  • 予算管理(生産から出荷)
  • 在庫管理
  • 品質管理(商品確認)

製造業の生産に必要な工程のほぼ全てを代行できるだけでなく、細かいコスト管理も可能です。そのため、コスト管理を行いたいといった目的の場合、どの部分にコストが掛かっているのか素早く把握できます。

また、製造業の現場では、ICTに対して知見のある人材を求めているものの、熟練の技能を求めている企業は非常に多いといえます。これは、AIや生産管理システムを使用した場合でも、人間と同様以上の精度を出すためには、ある程度時間とコストが掛かるためです。

しかし、生産管理システムの場合は、AIを取り込んだものもあるため、学習データを積み重ねることで作業の精度を挙げられます。そのため、人材不足やリソースの確保が目的だったとしても、結果的にコスト削減、生産性の向上につながることも少なくありません。

例えば、決まった単純作業が工場内で多数発生している状態であれば、生産管理システムの導入によって単純作業のほぼ全てをシステムに任せることができります。そのため、人員のリソースを企業内施策などの戦略部分に割くことも可能です。

生産管理システムの導入に失敗しないためのポイント

生産管理システムの導入によって解決できる問題は多数あります。そのうえで、導入に失敗しないための方法をみていきましょう。

目的の共有不足をなくす

生産管理システムを導入する場合、自社における何らかの課題をクリアすることが目的だといえます。例えば、製品の製造工程の品質管理から先のコスト計算を任せたい、市場情報に合わせて生産そのものを検討したいなど企業によって、課題は異なります。

そもそも、生産性が向上するのは、課題がクリアされたことでスムーズな管理ができるようになった結果です。そのため、導入前にはどんな課題をクリアしたいのか、従業員に共有しておきましょう。

現状のシステムとの親和性を確かめる

よくありがちな失敗例として、現状のシステムに対して親和性が高くない生産管理システムを選んだ場合、逆に生産性が下がる可能性があります。クラウド型であれば、大きく現状のシステムを変更することはないものの、オンプレミス型であれば、システムそのものを会社内部に組み込むことになるため、導入前にどの程度の変更が必要なのか把握しておくことが大切です。

メリットとデメリットは必ずある

生産管理システムのメリットは、製造業における単純作業を効率化できる点です。人員に対するコスト計算だけでなく、原材料の入荷から出荷後の売れ行きや在庫状況まで確認できます。

生産管理システムを導入する場合、ある程度従業員に対する学習コストが発生します。操作方法については、導入の段階だけでなく、導入後もサポートしているのかといった点も確認しましょう。加えて、中小企業であっても一人の担当者だけでなく、複数人がシステムを理解することでデメリットに対するリスクを軽減できます。

まとめ

製造業において、生産管理システムは生産効率を引き上げる効果を発揮します。とくにコスト管理にかかる人材のリソースやそもそもの経営に対する無駄を省くことが可能です。また、導入目的がはっきりしていない場合、生産管理システムをうまく活用できない可能性もあります。

例えば、全体的なコスト管理をしたい場合と人材などの一部の計算を任せたい場合は、使用する機能が異なるといえます。そのため、生産管理システムを導入する場合はどのような課題をクリアするたに導入するのかを事前に検討しましょう。

本記事を読んで、生産管理システムの導入に興味が沸いた方、検討してみたいと思った方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

ブラインドリベットこれでわかる!「ねじの基礎知識」ブラインドリベット前のページ

工場内の見える化を促進。生産管理システムと進化しつつある製造業次のページ生産管理システムと 進化しつつある製造業

関連記事

  1. 中小企業こそ 生産管理システムが必要。 そのメリットとは

    在庫管理

    中小企業こそ生産管理システムが必要。そのメリットとは

    製造業における働き手は減少傾向にあります。そして、中小企業においては、…

  2. 在庫管理の優先度決定手法

    原価管理

    在庫管理の優先度決定手法

    製造業において在庫管理は重要です。在庫が管理されていなければ生産は止ま…

  3. 生産管理におけるフレームワーク構造とは

    製造業の経営

    生産管理におけるフレームワーク構造とは

    生産管理では、フレームワークを用いて仕事を管理しているところも多いとい…

  4. 製造業における効果的なコスト削減方法を解説

    原価管理

    製造業における効果的なコスト削減方法を解説

    製造業では、コスト管理によって利益を確保できます。1つの製品を作る場合…

  5. MESと生産管理システムの違いを徹底解説

    原価管理

    MESと生産管理システムの違いを徹底解説

    日本の製造業では、生産管理システムと並んで MES を取り入れている企…

  6. 製造業における原価管理が楽になる3つの方法

    原価管理

    製造業における原価管理が楽になる3つの方法

    製造業におけるコスト管理は大切な要素です。人材や材料費だけでなく、将来…

カテゴリーから探す

PAGE TOP