中小企業こそ 生産管理システムが必要。 そのメリットとは

在庫管理

中小企業こそ生産管理システムが必要。そのメリットとは

製造業における働き手は減少傾向にあります。そして、中小企業においては、人材不足が加速しており求人を出したとしても人材不足を解消できない企業も少なくありません。

そのうえで、生産管理システムを取り入れることで人材不足を解消できる可能性があります。今回は、中小企業が生産管理システムを取り入れるメリットについて解説していきます。

原価(生産)管理システムとは

生産管理システムとは、効率的に生産管理を行うために用いられているシステムとなります。原価は製品などを生産するために支出した費用で、売値から利益を差し引いた額となります。生産管理とは標準原価と実際の原価の違いを算出し、利益改善につなげることを目的としたものです。

生産管理を行う理由

企業が生産管理を行う理由は、以下のようなメリットがあるからです。

1. 不要なコストの把握

原価の構成内容を詳細に把握できるため、不要なコストがないか確認することが可能です。現在のコストだけでなく、将来的に不要なコストの把握にも繋がります。販売価格や提供価格が変わらなくても、不要なコストを削減し原価を抑えれば利益が増加します。

2. 損益分岐点を確認できる

損益分岐点は利益と損失が分かれる境界線で、利益がゼロと計算される分岐点のことです。原価に対してどの程度の利益が発生しているのかも視覚的に把握できます。

例えば、実際に市場に出している商品の製造中止や撤退のタイミングを見極めるのは難しいものの、生産管理がシステムによってコントロールされていれば、より重要な判断を見極めやすくなるでしょう。

3. リスクへの対処

商品やサービスの提供価格が固定の場合でも、原価は多様な要因によって常に変動しています。そのため、生産管理を行っていない場合、予想外の原価の高騰などで大きな損失につながるリスクがあります。

生産管理システムの基本的な機能

基本的な機能としては以下の5つが挙げられます。

1. 原価計算

原価計算が可能です。原価には標準原価や実際原価など様々な計算方法があります。生産管理システムを利用した、状況に応じた適切な計算を自動行うため、人手を必要としません。

また、製品やサービス、部署別、会社全体など様々な視点から原価の状況を見ることが可能です。自社の生産コストを数値化・把握できれば、改善点や継続すべき点を明確にできます。

2. 原価差異分析

項目や品目ごとに標準原価計算を行い、予算に対する実績値を実際原価計算で算出するため、原価差異分析が可能となります。

原価が予定より高くなってしまった場合は改善案を検討、予定より低い場合は予算の再配分を検討しましょう。定期的に原価の分析を行えば、経営の効率化が可能です。

3. 損益計算

製品の計画立案~販売までなどのサイクルから限界利益を算出し、利益が出るかどうかを判断できる機能です。収益性判断を行うことで、製品製造~販売、破棄までの総原価化が可能となるため、製品収益性を正確に判断できます。

4. シミュレーション

経営の中長期的な見通しを立てるために重要な機能がシミュレーション機能です。生産管理システムに原価データが蓄積されていくため、新製品や新たなサービスにかかる原価変動も計算できるようになります。そのため、将来的な経営状況が把握しやすいといえるでしょう。

5. 他システムとの連携

会計・在庫管理システムなど原価に関連してくる他のシステムと生産管理システムを連携すると、会社経営に重要なデータなどを効率良く収集できます。また、その他の業務機能なども連携させることで、社内システムの効率的な管理が可能です。

中小企業が生産管理システムを導入するメリット

生産管理システムを中小企業が導入するメリットについてみていきます。

原価計算の手間を減らせる

生産管理の基本は原価計算を行い、利益のバランスを効率化することです。そのため、さまざまな計算方法を用いて製品などの原価が算出されます。原価計算は用途ごとに計算方法が違ってくるため、目的ごとの使い分けが重要です。

しかし、生産管理システムの原価計算機能を用いることで、複雑な計算を効率的に行えるため、業務の負担を軽減し、効率化につながります。

適正な生産管理ができる

生産管理システムは原価を把握し、算出した原価をもとに現状の課題点を見つけ、利益を継続して生み出すために使用されます。原価情報を基にして、PDCAサイクルを繰り返すことで、利益を生み出す仕組みを作ることが可能です。

ERPとの連携が可能

ERPとはEnterpriseResourcePlanning(企業資源計画)の略であり、日本語では基幹システムとも呼ばれます。ERPは企業の基幹となる、会計・生産・物流・販売などの基幹業務を統合したうえで、効率化し、情報の一元化を行うためのシステムです。

こうしたERPと生産管理システムを連携させることで、現場での帳票・伝票などへの情報入力も自動的に行えるため、入力ミスの減少、業務の効率化が図れます。

生産管理システムの選定方法

生産管理システムを選定する場合、以下のポイントを意識しましょう。

  1. 自社の課題をクリアできる
  2. 導入前に課題がはっきりしている
  3. どのような機能が必要なのか

単純に原価計算ができるだけでなく、経営判断やそもそもの製品の生産数や今後の戦略を決める際の数字を算出することが可能です。

加えて、導入前に実際にどのような課題があるのか明確にする必要があります。例えば、全体的に出荷やコストのコントロールができておらず、利益を上がっているもののどこにどのようなコストをかけているのか把握しきれていないなどといった場合でも、厳格管理システムによって改善できます。

また、それぞれの部署で使用していう計算ソフトや計算方法が異なるパターンも少なくありません。実際、他の部署の人間では全くデータ内容がわからない可能性も想定されます。

しかし、生産管理ソフトで計算することをルール化しておけば、全てのデータを確認することができるため、事務や営業といった人材がわざわざ他部署に問い合わせを行う必要がなくなります。

計算や商品の流れを生産管理システムにアクセスできる人材が把握できる場合、コミュニケーションに関してもロスを少なくすることが可能です。実際に、コミュニケーションロスが発生している場合には、各部署の報告やデータがわからないだけでなく、そもそもの改善点さえも把握することができません。

そのため、生産管理システムを用いて自社の課題のどういった部分を解決したいのか、それに伴ってどのような機能が必要なのかは導入前に検討する必要があるという証です。

まとめ

中小企業においては、1人の人材が何種類かの役職を兼務していることも少なくありません。そのうえで、生産管理システムを導入した場合、その人材の負担を軽減したうえで、業務を効率化することが可能です。

特に、コスト計算などのリソースを確保できず頭を悩ませている場合や経営判断を行うための数字の算数ができていない場合には生産管理システムが役立つといえるでしょう。

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、生産管理システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

本記事を読んで、生産管理システムの導入に興味が沸いた方、検討してみたいと思った方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

原価管理システムはクラウド型とオンプレミス型どちらが優れている?徹底解説前のページ

製造業における業務フローと生産管理システムの関連性を解説次のページ製造業における業務フローと生産管理システムの関連性を解説

関連記事

  1. MESと生産管理システムの違いを徹底解説

    原価管理

    MESと生産管理システムの違いを徹底解説

    日本の製造業では、生産管理システムと並んで MES を取り入れている企…

  2. 製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業の経営

    製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業における生産管理は、手動とシステムに分かれます。実際、人手不足や…

  3. 生産管理システムのブラックボックス化が企業にもたらす影響

    製造業の経営

    生産管理システムのブラックボックス化が企業にもたらす影響

    生産管理システムは日本の製造業が成長していくために欠かせないシステムで…

  4. 生産管理システムの導入に失敗する原因とは?失敗パターンについても解説

    在庫管理

    生産管理システムの導入に失敗する原因とは?失敗パターンについても解説

    生産管理システムは、上手く導入できれば、人為的ミスの削減やコストカット…

  5. 製造業における原価管理が楽になる3つの方法

    原価管理

    製造業における原価管理が楽になる3つの方法

    製造業におけるコスト管理は大切な要素です。人材や材料費だけでなく、将来…

  6. 製造業の業務改善に必要?生産管理システムによる3つの改善事例とは

    製造業の経営

    製造業の業務改善に必要?生産管理システムによる3つの改善事例とは

    製造業が抱える問題は人材不足や設備投資だけでなく、業務そのものにもあり…

カテゴリーから探す

PAGE TOP