グローバルに生産管理を行う際の注意点や課題

在庫管理

グローバルに生産管理を行う際の注意点や課題

日本国内の企業が海外進出を果たすケースも少なくありません。しかし、海外に製品の生産拠点を設ける場合の注意点や課題を知らない方もいるでしょう。 海外の生産拠点で生産管理を行う場合、日本国内と同じやり方では上手く行かないケースも少なくありません。

そこで、今回は企業が生産管理を海外で行う際の注意点や課題について詳しくみていきます。 海外での生産管理について、困っている方は参考してください。

製造業でもグローバル化の動きが活発している

市場とモノづくりのグローバル化が進んでいる中で、厳しい価格競争と製品開発対策のグローバル化が進行しています。製造業においては、生産コストを抑えることを目的として、商品の企画、設計、原料の調達、製造、販売などの部門をグローバルに分散させています。

各拠点間での連携スピードを速めることを通して、開発期間の短縮や生産効率化などに取り組んでいるのが現状です。そのため、製造部門では、国内外問わず複数の拠点における生産進捗、製品品質などの実績を共有し、生産全体の効率を高めることが必要です。

加えて、製品として品質の高いものを作れば値段が高くても売れるという状況ではなくなってきています。日本国内でもそうであるように、顧客に対してどのような価値を提供するのかといった点が評価されるように変化している状況です。

そのため、製品による価値提供だけでなく、企業体として顧客にどのような付加価値を作り共有できるのかが問われているといえるでしょう。

これまでの製造業の生産拠点のグローバル化

日本企業ではこれまで、海外に製造拠点を作った際に、日本人のスタッフを派遣して、モノ作りの方法や品質管理、コスト管理などについて教育を行っていました。工場立ち上げの完了後は、経営・生産責任者、品質管理者として、一部の日本人スタッフを残して、帰国するか、また別の海外拠点に回ります。

こうした一連の流れは現地化と呼ばれ、現地の従業員に生産を任せる方法を進めてきました。現地化を行うことによるデメリットとして、業務プロセスの属人化や全社基準値のとのかい離が進行します。さらに進行した場合、日本側からのコントロールが困難になります。

例えば、各地に合わせたバラバラなシステムを投入した場合に、経営は悪化していきます。各地の製品の販売状況などを本社が把握できないためです。加えて、顧客情報や現在の状況さえも、メールや口頭で伝えるといった手間が生じます。

情報共有という意味では、成功しているとは言いがたく、客に意思疎通を図るため時に多大な労力を割いている企業が多いのが今までの海外拠点の課題でした。

グローバルで生産管理を行う際の戦略

日本企業が海外市場でビジネス展開を行う流れは継続しているため、生産拠点を海外に立ち上げるなど生産拠点の拡大を検討している企業も少なくありません。海外に生産拠点を作る場合は、グローバルに生産管理を行うための戦略を策定することが重要です。

戦略を策定するための対策として意識しておきたいポイントには、以下のものがあります。

日本と共通の目標を共有する

これまでの日本の海外拠点は、現地を意識するあまり統制が取り辛くなってしまい、余計なコストがかかっている状態でした。そのため、方法は日本の拠点と同様の目標を設定したうえで同じシステムを用いて業務を行うことを意識する必要があります。

この場合、各地における生産能力などを細かく分析したうえでコストを避ける戦略をとっていくことでグローバルに戦うことが可能となります。加えて、海外拠点の工程や生産状況をすぐに把握できる体制作りによって、目標との差を明確にし、レベルの差を埋めていくことが大切だと行きます。

日本と海外拠点の住み分け

日本企業が海外に生産拠点を行う場合、製品の製造に関して、日本と海外の拠点で住み分けを検討しましょう。考慮すべき点として技術やノウハウが挙げられます。オリジナルの材料や中核部品など、企業独自のノウハウや技術を強みとする製品は、日本の生産拠点で生産することが多い傾向にあります。

最終製品の製造を海外の生産拠点で行いたい場合は、海外では生産が難しい部品などを日本の拠点で製造したうえで、海外拠点に供給しましょう。また、製品立上時と製品立上後で役割を分担する場合は、日本と海外でどちらの役割を担えば生産の効率化につながるかを考慮したうえで、拠点の役割を検討しましょう。

・集中生産と分散生産

製品ごとに製品を一カ所で生産するか、あるいは海外拠点を含めた複数拠点で分散生産をするかどうかは、以下のような評価軸を持ったうえで検討が必要です。

  • 生産コスト:製品の製造にかかる費用
  • 輸送コスト:輸送にかかる費用
  • 法人実効税率:法人の実質的な所得税の負担率
  • 製品品質:製品の品質の高さ
  • 為替変動対応:為替レート変動に対する対応
  • 技術流出リスク:製品の生産に関する技術や情報が流出するリスク
  • サプライチェーンリスク:サプライチェーンが途絶することで、顧客に製品が供給できなくなるリスク

他にも自社にとって考慮すべきことがある場合は、その点も含めてどちらの方針で生産を行うのかを判断しましょう。加えて、日本と同様に需要と供給のバランスは表計算ソフトではなく、もっと綿密な分析が必要です。そのため、生産の方式に関わらず、需要と供給のバランスをシステムによって判断したうえで、細分化していく必要があります。

システムを導入する場合は、現地の働く人々に対してなぜ必要なのかを把握してもらうことが大切です。さらに、満足に使用できるようになるための時間もとる必要があります。海外拠点でも日本拠点と考え方が大きく変わりません。属人化を防いだうえで、各地のコストを算出し、必要な役割を配分していくことが大切です。

グローバル化の注意点

今後のグローバル化は日本から進出する場合、機種を決めたうえで現地でとれたけ再現できるかというポイントから評価していく必要があります。同じようなシステムや機械を準備し、導入したとしてもコストの大きさが地域ごとに異なってくるため、それぞれの役割をある程度決めておく必要があるといえるでしょう。

例えば、生産するコストが高い場合は製品の部品のみを生産し他国に輸出し出荷できる製品として整える、逆に生産するコストが安価であれば日本からパーツを輸出して現地で製品として整えるなどといった柔軟性が必要です。製造業の場合は、工程によって機能を分けること5可能であるため、生産拠点の機能を最初から限定して運用することも検討しなければなりません。

まとめ

製造業のグローバル化においては、日本が統制がとれる拠点を作っていくことが大切です。例えば、知ろうと思えば現地の製品の生産状況や工程の最新状況を既に把握できるような体制を整えておくことを意識しましょう。

また、現地の知識レベルやスキルなどもあるものの、そういった要素から拠点の役割を決める必要もあります。つまり、日本と同様の機能性を海外拠点に求めるではなく、細菌が作らればデコ過程も細分化したうえで海外拠点に合わせた戦略を練ることが大切です。

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、生産管理システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

また、トライアルキャンペーンも実施していますので、生産管理システムの導入を検討してみたいとお考えの方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

在庫管理の優先度決定手法在庫管理の優先度決定手法前のページ

生産管理システムのブラックボックス化が企業にもたらす影響次のページ生産管理システムのブラックボックス化が企業にもたらす影響

関連記事

  1. 製造業の業務改善に必要?生産管理システムによる3つの改善事例とは

    製造業の経営

    製造業の業務改善に必要?生産管理システムによる3つの改善事例とは

    製造業が抱える問題は人材不足や設備投資だけでなく、業務そのものにもあり…

  2. 在庫管理に生産管理システムを活用するべき理由とは

    原価管理

    在庫管理に生産管理システムを活用するべき理由とは

    製造業における在庫管理は、適切に行えば、製品の欠品を防止できるだけでな…

  3. 第4次産業革命は生産管理システムの導入につながるのか

    原価管理

    第4次産業革命は生産管理システムの導入につながるのか

    第4次産業革命は、日本の政府が提唱した製造業における IoT や AI…

  4. 生産管理システムのブラックボックス化が企業にもたらす影響

    製造業の経営

    生産管理システムのブラックボックス化が企業にもたらす影響

    生産管理システムは日本の製造業が成長していくために欠かせないシステムで…

  5. 製造業における生産管理の課題と改善する際のポイントを徹底解説

    原価管理

    製造業における生産管理の課題と改善する際のポイントを徹底解説

    生産管理は商品の材料入荷や制作工程、出荷後の流れの把握など工場内でもタ…

  6. 生産管理システム・ERP・MESどれがいいの?徹底解説

    在庫管理

    生産管理システム・ERP・MESどれがいいの?徹底解説

    製造業は、変革を迫られているといっても過言ではない状況にあります。政府…

カテゴリーから探す

PAGE TOP