在庫管理に生産管理システムを活用するべき理由とは

原価管理

在庫管理に生産管理システムを活用するべき理由とは

製造業における在庫管理は、適切に行えば、製品の欠品を防止できるだけでなく、余剰在庫を抱えずに済むなど利益の増加につながります。

しかし、在庫がうまくコントロールできなければ企業の利益確保は難しくなってしまいます。今回は在庫管理について触れたうえで、生産管理システムを活用するべき理由をみていきましょう。

在庫管理とは

在庫とは製造業においては、製品を作り上げるための部品や完成品などのお金に変わる資産のことをさします。そして、在庫の数量や品質管理などの業務が在庫管理となります。

在庫を過不足なく確保することで、顧客に販売することで企業の売上が増加します。また、在庫管理は企業の資金繰りやキャッシュフローなどに影響するため、適切に行う必要があります。

在庫管理が果たす役割

在庫管理は、現在生産している商品を保有しつつ、必要なタイミングで取引先に出荷する役割があります。そのため、企業が作る製品数、製品を作るための材料や部品がどの程度必要になるのかを計算する場合に影響します。

例えば、在庫と合わせて取引先に材料や部品を納品できなければ、製造スケジュールが崩れ納期遅れにつながります。また、逆に在庫を多く抱えてしまった場合、倉庫のキャパシティを悪化させ、資金繰りやキャッシュフローの悪化につながるなど企業の経営を圧迫する点に注意が必要です。

しかし、在庫管理を適切に行えれば、製造スケジュール通りに製品を作れる、余剰在庫を抱えずに済むなどのメリットが発生します。また、材料や部品の仕入れに余計な費用がかからないため、コストを抑える点でも有用です。

予定外の注文でも対応できる

製造業において、在庫数量が適切に管理できていれば、予定外の注文が入っても対応できます。急な注文に対応できれば、企業の利益確保にもつながります。

しかし、人材のリソースは中小企業では限られていることが重く、紙や表計算ソフトによる日々の集計には限界があります。

特に数十種類の製品を扱っている企業などでは、人材による管理に非常に大きなリソースを使っていることも少なくありません。在庫管理が適切な状態でなければ企業の経営は圧迫されていくといっても過言ではないでしょう。

このような場合は、生産管理システムを使用することで問題を解決できます。生産管理システムの機能は、在庫管理のみではないものの、自動的に在庫を管理し、適切な量にコントロールできるため、売り上げの向上や無駄の削減などにも活用可能です。

在庫管理と生産管理システム

在庫管理する場合、ほとんどは製品や原材料などの分類で別れます。そのうえで、適正な在庫や現在の在庫数を一目でわかるように管理することは、人手では非常に困難だといえるでしょう。

適正な在庫数に答えはありません。担当者の経験値やシステムによる自動的な判断に任せた運用を行うしかないのが現状です。もっとも、担当者の経験に頼った運営では適切な在庫管理を行うのは以下の理由から困難です。

  • 企業の資金まで把握する必要がある
  • 担当者の知見に左右された在庫管理では属人化してしまう
  • 過剰在庫となった場合は経営が圧迫される

実際にこういった課題を解決するために在庫管理システムや生産管理システムを活用できます。どちらも、人材に頼っていた計算や生産計画への反映などを自動化することが可能です。

ここで、より全体的な視点から業務改善を行いたい場合生産管理システムの導入をおすすめします。その理由としては、生産管理システムであれば工場全体の生産工程を見える化できるだけでなく、その企業に合わせたデータを算出できるため、在庫の数に合わせた製品の生産が可能となります。

加えて、抱えた全てを在庫を数える棚卸しもスムーズに行うことが可能です。特に日々の棚卸しに時間を割いているなどの場合、システム導入によって課題を解決できるでしょう。

在庫管理を行うために生産管理システムに必要な機能

生産管理システムの機能は、各システムごとに異なります。しかし、在庫管理を行う際に最低限必要な機能があります。ここでは、在庫管理に生産管理システムを活用する場合に必要な機能についてみていきましょう。

機能1. 入出庫管理・検品

現在の在庫状況や将来的な製品の入出荷などの情報を管理するための機能です。製品保管時に製品情報が記されたバーコードを発行するなど入出庫を管理するのに役立ちます。

例えば、検品の際にはタブレットなどを使用し、システムと連携させ、バーコードを読み取ることでシステムへの反映が可能になります。検品作業の効率を大きく向上させることも可能です。

機能2. 販売管理

売上や受注といった情報を管理する機能です。出荷に直結する情報というだけでなく、企業の現在の売上にも影響します。また、システムによっては、既存のシステムとの連携が可能なものもあるため、よく検討して導入しましょう。

機能3.品質管理

納品した製品だけでなく、現在在庫として保管している製品も品質管理が必要です。加えて、製造業における不良品は企業の信頼に大きく悪影響を与えるだけでなく、経営にも悪影響を与えることも少なくありません。

加えて、人材のリソースに頼らない品質管理を行いたい場合にも必要な機能だといえます。企業の多くは、熟練のスキルを持つ人材が必要という見解を示しているものの、品質管理や細かい計算を必要とするものに関しては部分的にシステムによる代替を活用している状況です。

生産管理システムによる在庫管理に成功した事例

ここでは、生産管理システムによる在庫管理によって、売上の向上につながった事例を見ていきましょう。

事例1

資材加工を行うある企業では、日々の生産日報や在庫管理を手書きで行っていました。基幹システムが古かったことも含めて効率的ではなく、実際に売上にも悪影響を及ぼすほど負荷が高くなっている状態でした。

しかし、在庫管理や日々の日報を効率化する観点から、基幹システムを入れ替え。システムによって全体的な統制が図れるようになっただけでなく、データをすぐに回覧できるようになったことから、従業員の生産性の向上に対する意識が向上しました。

結果として手書きの日報と在庫管理は消滅し、最終的には企業の生産性の向上につながっています。

事例2

ボルト制作を行うある企業では、数百種類の原材料の在庫管理に四苦八苦している状況でした。増加した取引先に対して、これまでは人手に頼った在庫管理を行っていたものの、すでに限界を迎えていました。

そこで、生産性管理システムを導入し、表計算による在庫管理を撤廃。特に、有効在庫の算出が可能となったことから、経営状態もより好転しています。ミスの減少や商品の流れを把握できるなど、システム導入によって経営体制を見直すきっかけにもつながっています。

まとめ

在庫管理は、適正な在庫数をコントロールし、企業の経営を健全に保つための業務です。紙での報告は少なくなったものの、表計算ソフトでの入力を別に行っているケースは多いといいえるでしょう。

しかし、表計算ソフトでの対応にも限界があります。人材のリソースが今後も減少するだけでなく、適正な在庫管理ができなければ、経営に響く状態になるでしょう。そのうえで、生産管理システムを導入することで、適切な在庫管理が可能となります。人材に頼った在庫管理からの脱却や業務の効率化を図る場合には、生産管理システムの導入を検討してみましょう。

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、生産管理システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

鉄人くんの特徴・料金・評判 | プロキュア - 法人向けSaaS・ITサービスの比較・検索サイト

生産管理システムの導入を検討してみたいと思った方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

生産管理システム・ERP・MESどれがいいの?徹底解説生産管理システム・ERP・MESどれがいいの?徹底解説前のページ

生産管理システムはオートメーションを加速させられるのか次のページ生産管理システムはオートメーションを加速させられるのか

関連記事

  1. 製造業の業務改善に必要?生産管理システムによる3つの改善事例とは

    製造業の経営

    製造業の業務改善に必要?生産管理システムによる3つの改善事例とは

    製造業が抱える問題は人材不足や設備投資だけでなく、業務そのものにもあり…

  2. 生産管理システムはオートメーションを加速させられるのか

    在庫管理

    生産管理システムはオートメーションを加速させられるのか

    製造業における労働力は減少し続けています。加えて、労働力が減少している…

  3. 製造業のDX化で押さえるポイントや成功の秘訣

    原価管理

    製造業のDX化で押さえるポイントや成功の秘訣

    日本では、少子高齢化による労働力不足の影響で、さまざまな分野において、…

  4. 在庫管理の優先度決定手法

    原価管理

    在庫管理の優先度決定手法

    製造業において在庫管理は重要です。在庫が管理されていなければ生産は止ま…

  5. 生産管理システムはどこまでできる

    原価管理

    生産管理システムはどこまでできる?事例とともに解説

    生産管理システムは、生産工程を効率化するためのものです。では、生産管理…

  6. 製造業における業務フローと生産管理システムの関連性を解説

    原価管理

    製造業における業務フローと生産管理システムの関連性を解説

    製造業における業務フローとは製造業の場合、工程ごとに業務フローがあ…

カテゴリーから探す

PAGE TOP