生産管理システム導入に失敗する理由やリスクと成功させるためのポイント

在庫管理

生産管理システム導入に失敗する理由やリスクと成功させるためのポイント

生産管理システムによって、製品の生産業務の効率化に成功している企業が増加しています。しかし、「システムを導入しても、コストがかかるだけで思うような成果が出ない」と頭を悩ませている方もいます。

実は、ポイントに気付かないまま、生産管理システムの導入を行った場合、失敗につながることもありがちです。今回は、生産管理システム導入に失敗する理由やリスク、成功させるためのポイントを解説していきます。

生産管理システムの導入に失敗する理由とは

生産管理システムは上手く活用することができれば、業務効率化や売上向上につながるなどプラスの影響を発揮するものです。しかし、導入に失敗してしまうケースでは、社員の負担が増加するなどのマイナスの影響が発生することも想定されます。

ここでは、実際に導入する際に失敗するリスクを抑えるためにも、失敗につながる注意点をみていきましょう。

導入の目的や効果を考えていない

生産管理システムは、一つの部門だけでなく、様々な部門に関わりのあるシステムです。そのため、各部門がそれぞれの業務の効率化や課題解決を優先してしまうと、システムを最適な状態で運用できません。

生産工程の全体を最適化したい場合、どのような課題があるのか、その課題解決の優先順位を決めるなど目的を明確にする必要があります。例えば、原価管理にシステムを使用しつつ、徐々に使用する範囲を広げていくといった使い方であれば、失敗を防げるでしょう。

また、目的の明確化だけでなく、生産管理システム導入後の効果目標の設定も重要です。目標が明確になっていないままでは、費用対効果やシステム導入前とどのような違いが出ているのか比較できません。

導入の目的・効果を十分に検討するだけでなく、自社の業務上の課題を明確化しましょう。加えて、課題を把握した場合でも優先順位などをまとめながら、1つずつ課題をどのようにクリアしていくのかも話し合う必要があります。

自社に適していないシステムを導入した

生産管理システムの導入前には、自社の生産形態を考慮する必要があります。自社の生産形態を十分に理解せずに、生産管理システムの機能やコストだけを見て導入するのは避けましょう。自社に適さないシステム導入した場合、最適化するためには追加費用や時間が余計にかかります。

追加費用や余計な時間の浪費をなくすためにも、自社に適したシステムを導入することが大切です。ちなみに、サービス提供事業者と十分な話し合いを行えば、自社に知見が足りなかったとしても、課題の発見から解決にいたるまでサポートしてくれるケースもあります。

また、生産管理システムの移行を行う方法も考えられるものの、移行する場合は、前回の失敗点を明確化し、同じ状況にならないための工夫も必要です。

企業に導入できる環境が整っていない

生産管理システムは、会社の経営に関わる重要なシステムです。加えて、有用な使い方ができれば企業の経営状態を改善することも可能です。しかし、生産管理システムによる効果を経営陣が理解しておらず、導入に協力的でない場合は導入を行っても失敗する確率が高いといえます。

加えて、製品の制作を行う業務担当者などの話を聞かず、会社の意向によって強制的に生産手法が変化する場合、従業員のモチベーションや満足度は著しく低下します。場合によっては、そういった対応が過疎だったことによって人材が退職することも想定されるでしょう。

生産管理システムの導入には、経営者、各部門、現場の人員がシステムについて理解と関心を持つことが大切です。ちなみにスペックが高いシステムを選ぶのではなく、自社の課題を解決できるシステムであれば、どのような価格帯でも問題はありません。そのため、コストよりも課題をクリアしたうえで企業にもたらされるメリットをよく検討しましょう。

生産管理システムの導入に失敗した場合のリスク

ここでは、精査管理システム導入に失敗した場合に現場や企業が覆うリスクについて詳しくみていきましょう。

導入における最大のリスクは、導入コストに対して採算が取れないだけでなく、現場に対する負荷を高めてしまうケースが挙げられます。

この場合、導入する場合のコストや維持費の計算ができていないだけでなく、導入を行った場合に何がどのように変わるかを十分に検討しなかったことが想定されます。実際、クラウド型の生産管理システムであれば、導入のコストは最小限で済みます。

しかし、コストの大小ではなく、企業体で関わるシステムであるにも関わらず、十分な検討を行わなかった場合、工数が増加する可能性もあります。

カスタマイズ性が高い生産管理システムであれば、サービス提供事業者とソーラン節新しい機能を追加することも可能です。しかし、初期の導入費だけでなく追加費用が発生するため、非常に高額になりやすいといえます。

生産管理システムの導入に成功するための3つのポイント

生産管理システムの導入に失敗する理由とリスクにふれたうえで、ここでは生産管理システム導入に成功するために、以下の3つのポイントについてみていきましょう。

  • 判断力のある調整役を用意する
  • 従業員に対する理解を深める
  • リーダーや現場で働く従業員から意見を集める

生産管理システムの多くは、どのようなタイプであっても企業生産体系に少なからず影響を与えます。場合によっては、これまでの働き方が大きく変化する人材もいるでしょう。

例えば、各部門における原価管理をシステムに任せるだけでもリソースが確保でき、月末の棚卸しなども表計算ソフトにまとめるといった手間も削減できるようになります。

しかし、現場から意見や実際の業務に合わせた提案を行ったとしても、全ての課題を解決することはできません。あくまでも経営陣などと話合いながら、課題に対して優先順位を付けたうえで優先度の高い方から課題を解決していく必要があります。

加えて、従業員に対して生産管理システムの説明を行ったうえで、作業に協力してもらわなければなりません。例えば、既存の基幹システムからのデータ移行や生産管理システムを動かすためのデータ入力など、移行準備期間に関しては従業品の負担は一時的に増加する可能性もあるでしょう。

また、仮にオンプレミス型の生産管理システムを社内で運用する場合は、専門の人材が必要となる可能性もあります。そのため、生産管理システムを導入する場合は社内における働き方を経営陣が見直す必要もあります。

まとめ

生産管理システムの導入は、成否が分かれるといえます。しかし、社内における課題の分析や現場の声、社員に対する入念な説明などによって失敗する確率やリスクを低減することが可能です。

失敗例やリスクを踏まえたうえで対策を行い、生産管理システムを導入していきましょう。

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、生産管理システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

鉄人くんの特徴・料金・評判 | プロキュア - 法人向けSaaS・ITサービスの比較・検索サイト

生産管理システムの導入を検討してみたいと思った方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

生産管理システムはオートメーションを加速させられるのか生産管理システムはオートメーションを加速させられるのか前のページ

製造業における生産管理の課題と改善する際のポイントを徹底解説次のページ製造業における生産管理の課題と改善する際のポイントを徹底解説

関連記事

  1. 製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業の経営

    製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業における生産管理は、手動とシステムに分かれます。実際、人手不足や…

  2. 生産管理の見える化のメリットと取り組む際のポイント

    原価管理

    生産管理の見える化のメリットと取り組む際のポイント

    製造業における生産性の向上と見える化は切り離せません。AIやあらゆるシ…

  3. 在庫管理の優先度決定手法

    原価管理

    在庫管理の優先度決定手法

    製造業において在庫管理は重要です。在庫が管理されていなければ生産は止ま…

  4. 製造業における業務フローと生産管理システムの関連性を解説

    原価管理

    製造業における業務フローと生産管理システムの関連性を解説

    製造業における業務フローとは製造業の場合、工程ごとに業務フローがあ…

  5. 在庫管理を徹底するコツとは?失敗しないためにできる工夫

    在庫管理

    在庫管理を徹底するコツとは?失敗しないためにできる工夫

    在庫管理と聞くと、倉庫などでさまざまな商品や資材などを管理する様子が頭…

  6. 製造業の業務改善に必要?生産管理システムによる3つの改善事例とは

    製造業の経営

    製造業の業務改善に必要?生産管理システムによる3つの改善事例とは

    製造業が抱える問題は人材不足や設備投資だけでなく、業務そのものにもあり…

カテゴリーから探す

PAGE TOP