製造業における生産管理の課題と改善する際のポイントを徹底解説

原価管理

製造業における生産管理の課題と改善する際のポイントを徹底解説

生産管理は商品の材料入荷や制作工程、出荷後の流れの把握など工場内でもタスクの多い業務です。では、生産課題を把握した場合、どのようにして改善していけばいいのでしょうか。今回は、生産管理の課題を見つける方法と改善する際のポイントを詳しくみていきましょう。

製造業における生産管理の課題

製造業における生産管理業務は、あらゆる無駄を無くすために行う業務です。しかし、Excelなどによる表計算、紙による書類の提出などを未だに行っている企業は少なくありません。

例えば、納期に対して一部の人材しか把握できず、長年の経験に頼るといった曖昧な生産計画となるケースも想定されます。加えて、以下のような問題を想定しておく必要があるといえるでしょう。

  • 世情に合わせた材料の入荷・商品の出荷ができない
  • 各部署の人材ごとのコスト管理ができない
  • 何処に負担が掛かっているのか把握しにくい
  • 人為的なミスが減らせない
  • 予想と現実の生産数に乖離がある

どれも生産管理に関わる課題であるものの、リソースや現状把握ができていないために解決できないといった状態に陥っている企業が多いのが現状だといえます。

実際に、生産管理を行う場合は、原材料のコストから出荷後の対応に至るまで計画しなければなりません。そのため、きっと業務担当者の判断によって会社の経営状態が大きく変化する可能性すらあるといえるでしょう。

社内体制と生産管理

大企業だけでなく、中小企業でも統制が取りにくいというパターンは多いといえます。例えば、お互いに協力体制を築こうとしていても、会社の規定によるデータが生産管理に役立つものでなければ協力的とは言えない状態になります。

加えて、各部署とのコミュニケーションが行えた場合であっても、いちいち連絡を取ることによって、ロスが生まれます。特に、誰かに確認しなければ何もわからない状態では、営業でも効率的と言えません。

また社内体制として人材によるデータ集計を行っている場合は、非効率だといえるでしょう。各部署のデータに対して人の手が加わることによって、ミスが生まれやすくなります。

膨大なデータに対して、人による再計算を行う社内体制は変えていく必要があります。社内体制と生産感業務の結びつきは高く、業務全体の効率化を図る場合には、社内体制にも変化が求められるでしょう。

生産管理と工程管理

よく混同されるものの、以下のように生産管理と工程管理は異なります。

生産管理 製造業における生産活動の全てを管理する。材料の入荷、工程、出荷後の商品の流れも含む。品質、納期、コスト重視
工程管理 工程のみの管理のこと。加工や焼き付けなどの段階ごとに分かれている場合、それぞれの担当者がいる。

仮に、管理業務が徹底的に行われている状態であれば、製品の生産活動において分からないものはほとんどない状態になるといえるでしょう。そして、機械的な処理を行える生産管理システムであれば、自動的に工程管理まで行えるケースも想定されます。

しかし、人材に頼った管理ではリソースが足りていない可能性が高いといえるでしょう。例えば、各工程の情報を取りまとめたうえで、工場全体の生産管理を一人で行うなどの体制では、限界があります。1つの工程の流れさえもデータが上手く取れない、トラブルが起きた場合には流動的に対処しなければならないためです。

加えて、工程内の流れを見える化できていないケースも多く、何処で製品に不良が発生したのかを把握するのにも時間がかかることもあります。そのため、人材に頼った生産・工程管理は見直す必要があるといえるでしょう。

生産管理の3つの改善ポイント

生産管理における改善ポイントは以下の3つを意識しましょう。

  1. 現状の課題を明確にする
  2. 定型化できる業務をシステムに任せる
  3. 結果から改善を繰り返していく

生産管理を行ううえで、大切になるのは現状把握です。例えば、加工や生産の段階で人材による認識の誤りによって大きなコストが発生しているケースが多いのであれば、システムにそういった判断を任せることができるのかを検討することで課題を解決できます。

また、業務上通しても行わなければならない計算などに関しては、システムを使用することで人が関わらなくても可能な業務が多くあります。加えて、 RPA や AI 、生産管理システムなども人がなるべく関わらないことによって生産性を高める目的で使用されるものです。

実際、人が長時間同じような業務を行うほど、ミスが発生しやすくなります。しかし、穴あけなどの単純な製品加工などであれば、機械に任せた方がミスは少なくなるといえるでしょう。

さらにいえば、人材に頼り切っていた業務内容をシステムが代行することも可能です。計算や予想に関してはある程度のデータを集める必要があるものの、一部の人材のみに任せるのではなく、システムに任せた場合、社内のあらゆる人材がデータにアクセスし、コスト意識を高めるといった使い方もできるでしょう。

管理業務改善の注意点

製造業における管理業務は、最初から全てのシステムを変えるパターンと1台の PC からスタートできるパターンに分かれます。

そのため、システムを導入する際は、どのような業務から改善していくのかを明確にしましょう。クラウド型やオンプレミス型といったシステムの規模やカスタマイズ性だけでなく、改善したい業務によって導入するシステムを合わせていくことが大切です。

また、 AI などによるオートメーションに関しては、膨大なデータによる学習が必要不可欠です。つまり、急にシステムを投入しようとしても、判別に必要なデータがなければ、0から正しいデータの取得を行っていく必要もあります。

そして、業務改善を行う場合は以下のような順番を意識しましょう。

  1. 現状の課題を検討する
  2. もっとも簡単に解決できる問題から着手していく
  3. 解決できた場合はさらに改善を繰り返す
  4. 他の業務にも応用していく

基幹システムの古さによって生産性の向上が見込めない企業もあるでしょう。しかし、全てのシステムを急に変更しても事業が成り立つのか、成り立つとすればどのくらいのコストが必要なのか5導入の前に検討しておくことが大切です。

仮に、生産管理システムを導入できるほど企業に利益があったとしても、課題を解決できるシステムでなければ導入する意味がない点には注意が必要だといえます。

まとめ

生産管理の課題は、企業によっても異なるものの、紙や表計算ソフトによる集計方法は非効率だといえます。加えて、工程管理と生産管理の範囲は異なるものの、企業によっては兼任していることも少なくありません。

そのため、管理業務におけるリソースが足りず、長年の経験によって製品作りを行っているケースも想定されるでしょう。しかし、そういった場合でも生産管理システムを導入することで劇的に生産効率をアップさせることが可能です。

現状の課題を明確にしたうえで、1つずつ課題をクリアしていくことで生産性の向上につながるといえます。そのため、現状の生産体制に課題を持つ場合は、現状の課題の把握からスタートしましょう。

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、生産管理システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

鉄人くんの特徴・料金・評判 | プロキュア - 法人向けSaaS・ITサービスの比較・検索サイト

生産管理システムの導入を検討してみたいと思った方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

生産管理システム導入に失敗する理由やリスクと成功させるためのポイント生産管理システム導入に失敗する理由やリスクと成功させるためのポイント前のページ

第4次産業革命は生産管理システムの導入につながるのか次のページ第4次産業革命は生産管理システムの導入につながるのか

関連記事

  1. レガシーシステムが抱える問題点とは?刷新すべき理由や方法を徹底解説

    原価管理

    レガシーシステムが抱える問題点とは?刷新すべき理由や方法を徹底解説

    現在、あらゆる産業でデジタル技術が普及し、各企業では競争力の維持や強化…

  2. 原価管理とは

    原価管理

    原価管理とは?製造業の原価の適切な管理方法を解説

    製造業における原価は、製品を作る際のコストを示すものです。しかし、原価…

  3. 調達管理業務における課題とシステム化の重要性とは

    原価管理

    調達管理業務における課題とシステム化の重要性とは

    中小企業の場合、生産管理業務担当者が調達管理業務も兼務しているケースは…

  4. 生産管理システム導入に失敗する理由やリスクと成功させるためのポイント

    在庫管理

    生産管理システム導入に失敗する理由やリスクと成功させるためのポイント

    生産管理システムによって、製品の生産業務の効率化に成功している企業が増…

  5. MESと生産管理システムの違いを徹底解説

    原価管理

    MESと生産管理システムの違いを徹底解説

    日本の製造業では、生産管理システムと並んで MES を取り入れている企…

  6. 【2021秋最新版】在庫管理におすすめのクラウド型システム4選!気になるポイントを徹底比較

カテゴリーから探す

PAGE TOP