生産管理の見える化のメリットと取り組む際のポイント

原価管理

生産管理の見える化のメリットと取り組む際のポイント

製造業における生産性の向上と見える化は切り離せません。AIやあらゆるシステムを導入して、生産性が向上したという企業も題解決のアプローチ方法として見える化を推進しているケースも多いといえます。

では、製造業の生産管理における見える化のメリットとはどういったものなのでしょうか。見える化とはどういったものか、取り組む際のポイントなどとともに詳しくみていきましょう。

見える化とは

製造業における見える化とは、商品を生産するまでの流れを強制的に見える状態にするものです。例えば、1つの製品を作る際に何かしらのトラブルが発生したとしましょう。見える化が進んでいない企業では、原因の把握に時間がかかることも少なくありません。

人によるミスなのか、機械のエラーなのかはっきりと分からないケースもあるでしょう。加えて、生産現場が停止する頻度が多いほど利益の確保は難しくなります。しかし、システムやツールなどによって製品の生産過程を見える化した場合、進捗状況の把握だけでなく、エラー原因の早期解決が可能となります。

また、製造業においては取引先に合わせた製品の生産を行うことがベストとされているものの、そもそも在庫数や未来の予想ができないケースも見受けられます。そういった場合も、見える化を行うことによって、課題を解決することが可能です。

しかし、見える化を行うためには、システムをネットワークや AI に対応できるものに変化させる必要があります。さらに、全体的な管理をシステムやツールで行う場合には、システムそのものを理解する必要もあるため、手間やコストが掛かる点は把握しておかなければなりません。

ちなみに、製造業における見える化はトヨタ自動車の業務改善の中で登場した単語です。

見える化と生産管理の関連性

生産管理は、見える化と一見して関係がないように感じられるものの、高い関連性があります。その理由としては生産管理は、工場全体の生産活動をマネジメントする業務だからです。

例えば、急な仕様変更によって人員や工程に変化が起きたとしましょう。見える化が進んでいない場合は、リーダーや担当部署しかその事実を知らない可能性があります。

加えて、その変更によって起きたトラブルに対して、他の部署に対応してもらおうとすれば混乱が起きると想定されます。しかし、生産工程の見える化が進んでいれば、その日の作業における急な仕様変更や担当者の思いつきでの作業変更が起きにくくなるといえるでしょう。

さらに、生産活動を管理する場合にも製品を作る過程に対して課題を設けることも可能になります。例えば、オートメーション化が進んでおらず、必ず人が作業しなければならない工程におけるミスを減少させるなどといった具体的な目標を掲げることも可能です。

生産管理を行ううえで、見える化は重要なキーワードといえます。特に効率的な生産活動を行うたい場合には、ツールやシステムなどを用いて現状の課題をクリアしていかなければなりません。

そのうえで、見える化によってどのような課題をクリアし、生産管理によって生産活動の目標を設定することが可能となります。

生産管理の見える化によるメリットとは

製造業における見える化は目的に沿って行われます。企業によってその目的は異なるものの、最終的に目指すのは、利益の確保であることはどの企業でも同様です。

そのうえでここでは、生産管理業務の見える化によるメリットをみていきましょう。

生産性を向上させられる

生産管理をスムーズに行うことによって、各工程におけるデータを正確に取得したうえで管理できるようになります。つまり、現在の稼働状況や在庫、設備の状態なども含めたうえで、リアルタイムな情報共有が可能であるため、生産性を高めることが可能です。

例えば、製品を作成する工程は上手くいっているものの、品質管理でつまずくようであれば、原因を明確にして改善していくことが可能となります。加えて、場合によっては人の手が全く入らない内容に置き換えることもできるため、人為的なミスをなくすこともできるでしょう。

システム同士の連携が望める

製造業においては、自動で入力するのではなく、人材による手動での入力に頼っているケースも少なくありません。しかし、人材による入力ミスによって、目的の商品がそもそも作れないといった状態になることも想定されます。

しかし、見える化が進むことによって、システムによる自動入力が可能となります。全行程を通してシステムの流れが誰でも把握できるため、予想を立てやすくなり、経営を行ううえでも無謀な目標を立てることも減少させることが可能です。

生産管理システムにおける見える化は非常に効果的であるものの、どのような内容を自動化し、人に任せていくのかは企業ごとに決めるものです。そのため、現状のシステムとの連携を目指す場合は、入念な確認が必要だといえます。

見える化に取り組む際のポイント

製造業における見える化の最大のポイントはどのような課題をクリアしたいのかを明確にすることです。例えば、人員的なミスを極力減少させたい場合には、以下のような取り組みが必要です。

・人が関わる作業を減少させる
・自動的な処理のできるシステムを導入する
・それぞれのリソースを把握する

どのようなシステムを投入したとしても課題を解決するための手段となっていない場合、生産性が上がることはありません。実際に、 AI によるオートメーションを推進していた場合であっても、自動化させるためのデータを上手く収拾できなければ、無駄な設備投資となってしまいます。

生産管理システムなどにおいても、漠然とした生産効率の上昇という課題だけでは具体的な対策をとりにくいといえるでしょう。様々なシステムの導入によっては成果を上げている企業は、自社の課題を解決する手段として AI や IoT 、生産管理システムを選択しています。

つまり、見える化を推進する場合も現状で何が見えていないのかを明確にする必要があります。例えば、生産工程が上手く稼働していても、販売に関する情報が不足していては、利益を確保することができなくなるでしょう。加えて、生産状況が把握できなければ、現状で何が起こっているのかを把握することもできません。

そのため、見える化を行う場合は、現状の課題に対してどのようなアプローチが行えるのか検討したうえでシステムを導入していく必要があります。生産管理に関しても、日々の管理内容は社員に対して理解されていない状態などであれば、生産管理が TOEIC ものか見える化し、オンライン上で誰でもそのデータを回覧できるなどの工夫も1つの方法です。

まとめ

工場内の見える化が進んだ場合、生産管理業務にもメリットがあります。特に、工場内の現状が把握できない、材料や原価の計算を確認したいといった場合に、見える化に対応していれば、生産管理業務も格段に楽になるでしょう。

しかし、工場内の見える化を進めるためには、システムの導入が必要となります。どのようなシステムを導入し改善を行っていくのかを検討しつつ、自社のどのような課題をクリアできるかを明確にしましょう。

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、生産管理システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

鉄人くんの特徴・料金・評判 | プロキュア - 法人向けSaaS・ITサービスの比較・検索サイト

生産管理システムの導入を検討してみたいと思った方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

導入前に知っておきたい生産管理システムのメリット・デメリット導入前に知っておきたい生産管理システムのメリット・デメリット前のページ

生産管理システム・ERP・MESどれがいいの?徹底解説次のページ生産管理システム・ERP・MESどれがいいの?徹底解説

関連記事

  1. 第4次産業革命は生産管理システムの導入につながるのか

    原価管理

    第4次産業革命は生産管理システムの導入につながるのか

    第4次産業革命は、日本の政府が提唱した製造業における IoT や AI…

  2. 生産管理業務が属人化する原因と予防するための方法を解説

    製造業の経営

    生産管理業務が属人化する原因と予防するための方法を解説

    生産管理は、工場内の製品作りに対する管理業務です。コストの把握だけでな…

  3. グローバルに生産管理を行う際の注意点や課題

    在庫管理

    グローバルに生産管理を行う際の注意点や課題

    日本国内の企業が海外進出を果たすケースも少なくありません。しかし、海外…

  4. 製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業の経営

    製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業における生産管理は、手動とシステムに分かれます。実際、人手不足や…

  5. 在庫管理の優先度決定手法

    原価管理

    在庫管理の優先度決定手法

    製造業において在庫管理は重要です。在庫が管理されていなければ生産は止ま…

  6. 生産管理システムとAIの関係性とは

    原価管理

    生産管理システムとAIの関係性とは

    製造業においては、生産管理システムや AI を活用したうえで生産性の向…

カテゴリーから探す

PAGE TOP