MESと生産管理システムの違いを徹底解説

原価管理

MESと生産管理システムの違いを徹底解説

日本の製造業では、生産管理システムと並んで MES を取り入れている企業も増加しつつあります。どちらも人手不足の解消や生産性の向上といったプラスの効果があるといえるものです。

では、 MES とは一体どのようなものなのでしょうか。生産管理システムとの違いなども含めて、 MESはどういった機能を持つものなのか詳しくみていきましょう。

MESとは

MES(Manufacturing Execution System)は、製造業における製品の制作をサポートするシステムのことです。例えば、生産工程の管理や在庫・品質の管理のみが目的であれば、 MES の導入によって解決することも可能だといえるでしょう。

製造業における生産性の向上は、多くの企業にとって課題だといえるでしょう。一般的に従事する人材が減少し続けているだけでなく、中小企業においても、人為的なミスが多ければ多いほど無駄なコストが発生します。

しかし、製造における工程の全てや品質などを自動化できるのであれば、人材不足を解消させたうえで、経営上の問題であるコスト管理なども容易となります。実際に、日本の製造業においては、政府が提唱している第4次産業革命の流れを受け、オートメーション化が大企業だけでなく中小企業においても増加傾向にあります。

これは、設備を導入できる費用を捻出できる企業のみがオートメーション化を行っているわけではなく、深刻な人材不足と企業の将来性を検討したうえで導入している企業が多い状況です。

そのため、 MES や生産管理システムに加えて、 AI を活用する企業も少なくありません。時代の流れに合わせるというよりも人材不足の状態に陥った時に製品を問題なく生産し、企業が将来的に生き残るための選択肢の1つだといえるでしょう。

製造業が抱える課題

現在、製造業が抱える問題は多くあります。人材不足や人材のスキルに頼ったモノづくりの体制を未だに変えられていない、大量生産ではなく、実際のニーズに合わせた生産が必要など、よりコストや経営に対する手腕が問われる時代に変化している状況です。

そして、様々な課題をクリアするため、オートメーション化やAT・IoTを活用しているといえます。

後述するMESや生産管理システムも製造業の課題を解決するための手段です。実際、導入が進んでいる企業は生産性向上だけではなく、今の経営スタイルに限界を感じて導入する企業が多いことも把握しておきましょう。

MESは何に必要なものなのか

MES は、実際に製品を生産する場合の効率化をサポートする際に必要となるものだといえます。上記でも触れたように、工場の生産工程における製品の制作と品質管理や在庫管理を担うシステムです。

つまり、材料の入荷なども含めたうえで工場全体の管理を行うのであれば、 MES 以外のシステムを導入する必要がある点には注意が必要です。MES の機能に関しては、 MESA International が定義している以下のような機能があります。いくつかの機能をみていきましょう

1.設備や材料といった生産資源の配分管理

2.マニュアルや仕様などの文書管理

3.作成した製品の品質管理

4.作業者々のスケジューリングと管理

5.自動的な指示出し

6.トレーサビリティ(製品追跡)

7.工程のデータ収集( AI や IoT )

8.製品の生産サポート(生産分析)

MESの機能に関しては、人材と材料、製品の制作と制作後の総合的なサポートができる点が製造業にとってプラスになるといえます。とくに人材の配置とデータ収集など、実際の作業工程に課題を持つ企業であれば導入することで効果を実感しやすくなるでしょう。

人材の配置や人手によるミスの増加によるコスト増大や納期遅れなど、経営層が頭を悩ませやすい問題にも対応可能です。人材に対して、コスト意識を持ってもらうなどデータの共有によって意識付けを行う目的でも活用できます。

MESのメリット

MESを導入するメリットは大きく分けて3つあります。生産工程の製造から品質管理をカバーできるというだけでなく、実際にどのようなメリットが受けられるのか把握しておきましょう。

1.材料、人材のコストの無駄を把握できる

2.不良品の発生確率が低くなる

3.人材に頼らないノウハウの蓄積ができる

製造業においては、人材不足なのにも関わらず人の好きるに依存している企業が多い状況です。しかし、MESはそういった体質から抜け出すサポートが可能です。例えば、生産における人為的な間違いは少なくありません。

・生産手順の間違い

・計算の間違い

・品質チェックの間違い

どれもコストなどの単一の問題だけでなく、取引や経営にも影響する重要な課題です。しかし、MESの場合は生産から出荷後も管理できるため、人材に頼らない商品制作が可能となります。例えば、人材の配置なども、日ごとのメンバーを管理できれば、ベストな配置が可能です。加えて、リーダーがその割り振りをするのではなく、自動的に割り振れる場合は、考える手間を省くことができるでしょう。

加えて、製品の生産数などのデータも蓄積できるため、必要な人材を必要な場所に配置しながら生産数を調整するといった方法も可能です。

MESのデメリット

MES を導入する際のデメリットとしては、導入する目的がはっきりしていなければ効果を得るのが難しいパターンが想定されます。例えば、生産性の向上を目的とした場合だとしても、どの工程をどのように改善し、システムがどのような役割を担うのかといった視点を、作業に従事する人材が詳細に把握しておく必要があります。

また、システムに対応するために、事前の研修が必要となることも少なくありません。これは、慣れた作業の方が早いと多くの人が考えがちであるためです。しかし、導入直後は操作が難しいものの、長期的に見れば、システムに慣れてくるため、今までよりも迅速な処理が可能となるケースがほとんどです。

そのため、リーダーや経営層だけでなく、実際に働く側に対してシステムに対する理解を深めておく必要があるといえます。

MESと生産管理システムの違いとは

近年では、製造業における改革が進んでいるため、様々なシステムを組み合わせている企業も少なくありません。そのうえで、 MES と生産管理システムはどちらも製造業の製品の生産をサポートするものとして認知されています。

同一視されることもあるもの、 MES はあくまでも実際に製品を作成し、出荷した後の管理までが範囲です。対して、生産管理システムは、原材料の入荷から製品として出荷された後の管理までを行います。

つまり、システムの導入によって、企業における生産工程のほとんどをシステムに任せてしまいたいとなった場合には、生産管理システムでなければ課題を解決できないといえるでしょう。

もっとも、選択するサービスなどによっても何をどこまで詳細に把握できるのかは異なります。自社の課題を解決できるのであれば、どのシステムを選んでも問題はないといいます。そのため、システムの導入を行う場合には、自社の課題をどのように解決できるのかをよく検討しましょう。

まとめ

MES は、商品作成の工程管理に特化したシステムです。対して、生産管理システムは工場全体の業務管理ができるシステムであるため、明確に得意とする分野が異なります。

そのため、システムの導入を検討していた場合でも、それぞれのシステムがどういった課題をクリアできるのか明確に把握する必要があるといえるでしょう。

クラウド型生産管理システム「鉄人くん」は、
わかりやすい画面と手厚いサポートで、生産管理システムが初めても企業でも使いやすくわかりやすいのが特徴です。

生産管理システムの導入を検討してみたいと思った方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

 

生産管理システムはどこまでできる生産管理システムはどこまでできる?事例とともに解説前のページ

製造業における効果的なコスト削減方法を解説次のページ製造業における効果的なコスト削減方法を解説

関連記事

  1. IT導入補助金を活用して生産・販売管理システムを導入

    製造業の経営

    IT導入補助金を活用して生産・販売管理システムを導入

    システム導入のご相談で、補助金を活用できないかとご相談を受けるケースが…

  2. 製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    原価管理

    製造業は在庫管理で差がつく!課題を強みに変える方法

    製造業は、原材料から、より付加価値の高い品を製造し、利益を…

  3. 製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業の経営

    製造業で生産管理システムを使用する意味とは

    製造業における生産管理は、手動とシステムに分かれます。実際、人手不足や…

  4. 生産管理の見える化のメリットと取り組む際のポイント

    原価管理

    生産管理の見える化のメリットと取り組む際のポイント

    製造業における生産性の向上と見える化は切り離せません。AIやあらゆるシ…

  5. 生産管理におけるフレームワーク構造とは

    製造業の経営

    生産管理におけるフレームワーク構造とは

    生産管理では、フレームワークを用いて仕事を管理しているところも多いとい…

  6. 生産管理システム導入に失敗する理由やリスクと成功させるためのポイント

    在庫管理

    生産管理システム導入に失敗する理由やリスクと成功させるためのポイント

    生産管理システムによって、製品の生産業務の効率化に成功している企業が増…

カテゴリーから探す

PAGE TOP